起業とは

起業の歴史

起業とは、事業を起こすことです。会社設立と同じ意味ですが、最近でいう起業は、従業員をたくさん雇う会社設立よりも、小規模なケースが多いです。1970年代に、日本ベンチャー・ビジネス協会が設立され、創造的なオリジナルな経営内容で、次々にベンチャー企業として起業をする方が急増しました。どんな起業でも、まずは必要なものといえば、資金になります。日本においては、金融機関からの借り入れが唯一の資金源ですが、企業の後ろ盾がないと困難なことから、ベンチャー企業への投資もそれほど積極的ではなかったといえます。

ですから、どうしても規模は縮小されてしまい、思い切った経営展開も難しいです。1980年代に入り、ハイテクを中心とした起業が流行りました。形としては、ベンチャー企業そのものですが、投資会社の設立が主です。この時代の日本はバブル景気に湧いて、多くの起業が行なわれました。バブル崩壊後の起業の数は少なくなったものの、起業を支援する機関も存在しています。現在では、インターネットを利用した起業が急増しています。開業資金が少なくて済み、運転資金の必要もなく、自分の力だけで起業をすることができます。手軽な起業として、セミナーなども開催されていて、成功している方も少なくありません。

何かを始めてみよう、という心意気は絶対必要ですが、目的をきちんと見定めることが大切です。起業するにあたって、会社であろうと、インターネットであろうと、最低限必要なものは資金です。資金調達と数々の書類をクリアし、起業に希望をもつのも良いでしょう。

 

[注目]
起業に関するノウハウや経営のノウハウなどの情報を提供しているサイトです⇒起業のノウハウ

 
 

TOP サイトマップ